MENU

弁護士に依頼するメリットとデメリットとは?

小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士

交通事故の被害者になると、加害者側から慰謝料を受け取ることになります。

 

交通事故では、後遺症が残るケースも少なくありません。

 

後遺症とは、事故によってケガをした場合に、ケガが治った後も何らかの機能障害や症状などが残ることです。

 

病院で治療を行って、半年を過ぎても改善できない場合は、医師が判断して後遺症とみなされます。

 

医師によって後遺障害診断書が発行されて後遺障害と認められれば、金銭的な補償が行われ、事故の加害者側にも損害賠償を請求することができます。

 

交通事故の後遺障害には、第1級から第14級までの等級が設定されており、14級の場合、自賠責基準の慰謝料は32万円と決まっているのです。

 

この金額は、最低基準となります。

 

裁判所は、過去の先例により、交通事故被害の損害賠償額について、一定の目安があり、この目安のことを裁判所基準と呼びます。

 

裁判所基準とは、弁護士基準とも呼ばれます。

 

弁護士基準による後遺障害14級の慰謝料は、110万円とされています。

 

後遺障害等級の認定には、方法が2つあります。

 

ひとつは、事前認定で、相手の保険会社に手続きを行ってもらう方法です。

 

もうひとつは、被害者が自分で書類を準備して申請を行う方法です。

 

この方法だと、事前認定に比べて、十分な立証活動を行うことができます。

 

等級認定が認められれば、示談交渉の前委に自賠責保険部分の補償金を先に支払ってもらえます。

 

ただ、被害者請求は、立証するためのノウハウが必要で、また準備にも手間がかかります。

 

そのため、弁護士依頼を考える人も多いのです。

 

弁護士に慰謝料の交渉を依頼すると、メリットが多いです。

 

ふづき法律事務所のように、実績のある弁護士事務所に依頼することで、慰謝料の増額が期待できます。

 

弁護士に依頼する場合、弁護士料が高いのがデメリットだと感じる人もいますが、慰謝料の増額を考えて弁護士に依頼する人は少なくありません。

 

ふづき法律事務所に交渉を依頼した場合、着手金は不要なので依頼時の負担がありません。

 

保険会社との示談交渉後に、20万円に加えて賠償額の10%の報奨金を支払うことになります。

交通事故によるご相談は山ア接骨院へ。問い合わせはこちらから

小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士
≫詳しくはふづき法律事務所の公式サイト


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


交通事故のトラブルの早期解決は交通事故専門弁護士へ
小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市の交通事故・むちうち治療なら山ア接骨院におまかせ!
小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士


小田原市,交通事故治療,むちうち,整骨院,弁護士