小田原市酒匂の交通事故専門整骨院の山﨑接骨院では、骨格矯正の整体施術をメインに急性期や後遺症の治療をしています。

交通事故の後遺症で多いむちうちは一般的な呼称で、医学的には頚椎捻挫や外傷性頚椎症候群というのが医学的な傷病名です。

体が衝撃を受けてむち状にしなる時に骨格や関節がずれるのがむちうち後遺症の原因で、このように呼ばれています。

急ブレーキや追突、衝突で体が前後に振られると、頚椎や腰椎、骨盤などが正常に動かせる範囲を超えて動きずれや歪みが生じてしまいます。

この歪みやずれが筋肉・靭帯や神経根に影響を与えていろいろな症状をもたらすのがむちうち症で、事故の衝撃が大きい高速事故においては後遺症も深刻です。

いろいろなむちうちの分類

むちうちと一口に言っても、いくつかのタイプに分類できます。

ずれた骨格が筋肉や靭帯を傷めて外傷の治療後にも腰痛などが慢性化するのが一番多い捻挫タイプのむちうちです。

また骨格のずれが神経根を圧迫することで神経根タイプのむちうちとなり、しびれや坐骨神経痛などが見られます。

さらに、神経への刺激が自律神経系統にまで及ぶと、ホルモンの乱れからいろいろな自律神経失調症状が現れるバレリュー症候群型のむちうちとなります。

交通事故後の痛みやしびれなどは、整形外科など病院では経過観察となり改善されないケースが多々あります。

それは、整形外科のレントゲン検査では後遺症の原因になっている骨格のずれや歪みが見つけられないためです。

山崎接骨院は病院や整骨院などに通っている方に選ばれております

小田原市酒匂の山﨑接骨院では、病院で改善されない交通事故後遺症を骨格矯正の整体で原因からとりのぞいています。

治療をしていてもなかなかカラダの改善がみららない場合は小田原市山﨑接骨院で骨格から根本改善していきましょう!

小田原市の交通事故整骨院