小田原市酒匂の整骨院山﨑接骨院は、交通事故治療が専門の整骨院です。

交通事故治療では、特に後遺症の根本改善が得意です。

交通事故の後遺症を骨格矯正の歪み整体で改善しているのが、小田原市酒匂の山﨑接骨院の施術の特徴です。

むちうちとはどんな原因で起こるのか?

交通事故の後遺症としてよく知られているのはむちうちです。

むちうちは事故の瞬間に体が大きくしなるところからこう呼ばれていて、体がしなったことで骨格や関節にずれや歪みが生じるのが原因の後遺症です。

衝突の瞬間などに体が大きくしなることで頸椎や腰椎、骨盤などが大きく振られると、そこにずれや歪みが生じます。

骨格や関節のずれや歪みは筋肉・靭帯を引っ張って負担となり、交通事故の外傷の治療が終わってからも腰痛などをもたらします。

またずれた骨格が神経根を圧迫すると、ピリピリした坐骨神経痛やしびれが出る神経根タイプの後遺症が発現します。

交通事故の衝撃はとても強く、意外なところまで負傷していることも

交通事故の衝撃は、後ろからの衝突ではスピードがそれほど出ていなくても大きくなります。

そのため、追突事故ではむちうち後遺症は重症化しがちな特徴があります。

追突事故で衝撃が大きいと骨格や関節のずれ・歪みもひどく、神経根の圧迫も重篤で自律神経系統にまで影響することがあります。

むちうちで自律神経系統にも影響が及ぶと、めまいや不眠、うつなどといった自律神経失調症状が現れるバレリュータイプのむちうち症と呼ばれます。

小田原市酒匂の山﨑接骨院では、こうしたいろいろなタイプのむちうち後遺症をその原因である歪み・ずれを取り除く骨格矯正整体で元から治療しています。

いきなりの追突事故による怪我でお困りでしたら小田原市の山﨑接骨院までお気軽にご相談ください。

交通事故治療は整骨院でも受けられます