小田原市酒匂の山﨑接骨院は、骨格矯正の整体施術が得意な交通事故専門の整骨院です。

交通事故治療では特に後遺症の治療に強く、むちうち症の腰痛や首の痛みを根本から改善しています。

交通事故の後遺症の代表むちうち症は、事故の瞬間の大きな衝撃で頸椎や腰椎がしなり、可動範囲以上の動きでずれたり歪むことで起こります。

首の骨は頚椎、腰の骨は腰椎といいます

頸椎や腰椎は一つ一つの小さな骨が連なって構成されていますが、急停車などでしなった時にこの骨の並びがずれてしまうことがあります。

ずれた骨格は筋肉や靭帯にとっても大きな負担となり、外傷の治療が終わってからも慢性の腰痛や首の痛みが残ります。これがむちうち症の痛みです。

骨格の中で、頚椎は重い頭を支える骨格なのでその負担を分散するために小さい骨が緩いカーブで並んでいます。

しかしむちうち症で骨格がずれると、このカーブがなくなって直線に近い並びとなります。これがストレートネックという状態で、頚椎症の一種です。

ストレートネックになるとどうなる?

ストレートネックの状態では重い頭を支える頚椎の負担が大きくなり、痛みやこり、頭痛などの辛い症状が現れます。

頸椎の負担をかばうために猫背などの悪い姿勢が定着してしまうこともあり、見た目の点からも要注意です。

また頚椎など骨格を構成する骨の間には、椎間板というクッションの組織があります。

骨格がずれたストレートネックの状態では、この椎間板が骨の間から飛び出して神経にあたり酷い痛みをもたらします。

これがヘルニアで、部位によって頚椎ヘルニアや腰椎ヘルニアと呼ばれます。

小田原山崎接骨院ではこういった症状でも治療が受けられます

小田原市酒匂の山﨑接骨院では、むちうち症や頚椎ヘルニア、ストレートネックを引き起こす骨格のずれを正す骨格矯正の施術をしています。

交通事故によるむちうちや日常の生活習慣が原因で起こるストレートネックには小田原市の山﨑接骨院で根本から改善していきましょう。

小田原市でストレートネックに対応できる整骨院