小田原市酒匂の山﨑接骨院では、交通事故専門の整骨院として骨格矯正整体の施術治療をしています。

骨格矯正というのは、産後の骨盤矯正などでよく知られていますが、体軸に対して歪みやずれのある関節や骨格の位置を正す整体施術です。

むちうちは頸椎のズレが起きている可能性があります

交通事故の後遺症で多いのはむちうちで、追突の瞬間などに体が大きくしなったことが原因で骨盤や頚椎・腰椎などがずれたり歪んでいろいろな後遺症をもたらします。

ずれた骨格や関節はその部分の筋肉・靭帯にとっても大きな負担で、交通事故の外傷が治った後にも腰痛や首に痛みが残り捻挫タイプのむちうち症となります。

またずれが神経根を圧迫すると、しびれや坐骨神経痛などが発現する神経根タイプのむちうちになります。

さらに神経根の圧迫が自律神経系統にまで及ぶと、自律神経が管轄するホルモンの乱れから血行不良の肩こりめまい、不眠・うつといった様々な自律神経失調症状が見られ、バレリュー症候群のむちうちと呼ばれています。

頚椎とは重い頭を支えるもの

頚椎は重い頭部を支える骨格です。

その負担を分散できるよう、頚椎の骨格は一つ一つの骨が緩やかにカーブを描いて並んでいます。

しかし交通事故のむちうちで頸椎がずれると、このカーブがなくなって直線状に近い並びになってしまいます。

この状態はストレートネックといい、頭の重さが直に伝わるのでいろいろな頸椎症が起こります。

ストレートネックの状態ですと、頚椎の同じ部分にいつも大きな負担がかかることから血行不良の肩こりや肩甲骨周辺のハリや違和感、それに繰り返す寝違えなどが起きがちです。

小田原市の酒匂山﨑接骨院では、骨格矯正整体でストレートネックを改善し肩こり・寝違え・肩甲骨の違和感などを根本改善しています。

小田原市の整骨院・接骨院