小田原市酒匂に、交通事故治療を専門にしている整骨院である山﨑接骨院があります。

山﨑接骨院の施術は、体の歪み・ずれに着目した骨格矯正整体がメインです。

交通事故の後遺症治療

交通事故治療では、後遺症の治療もしています。

交通事故の後遺症で有名なのはむちうち症です。

むちうちは、その名前の通りに事故の瞬間に体がムチのようにしなることが原因です。

追突などで体が大きくしなると、頚椎や腰椎、骨盤などがずれたり歪んでしまいます。

骨格や関節のずれは、いろいろな辛い後遺症をもたらします。

ずれた骨格が筋肉や靭帯の炎症を起こすと、交通事故の外傷が治ってからも腰痛などが残り捻挫タイプのむちうちとなります。

また骨格のずれが神経根を圧迫すると、ビリビリした坐骨神経痛やしびれの症状が現れる神経根タイプのむちうち症になってしまいます。

頸椎や腰椎の骨格は、小さい骨が並んで形成されています。

事故の衝撃で骨格がずれると、骨と骨の間に納まっている椎間板というクッション的な組織が飛び出してしまうケースがあります。

飛び出した椎間板が神経を刺激すると、歩けないほどの腰痛や首の痛みが特徴の椎間板ヘルニアとなります。

山﨑接骨院えは椎間板ヘルニアの根本的アプローチをしています

小田原市酒匂の山﨑接骨院では、ずれたり歪んだ骨格や関節を元通りの正しい位置に戻す骨格矯正整体でむちうちや椎間板ヘルニアの後遺症を根本治療しています。

骨格や関節のずれ・歪みがなくなると、筋肉や靭帯の痛みや神経根の圧迫による坐骨神経痛・しびれが改善されていきます。

小田原市の山﨑接骨院では骨格から根本的に治療を行い、交通事故のむちうち治療も安心してうけることができます。

小田原市での事故についてはぜひご相談ください。

http://小田原市交通事故治療.com/